研究の知見

私たちの研究では主に、当社のシステムが可能な限り奏者とその楽器に負担をかけないものにすることに焦点を当てました。この目標を達成するために、私たちは次のことに努めました。

  • 音の向上
  • 演奏の生体力学面での向上
  • 素材の改善
  • 圧力分布の改善
  • 表面特性の向上
  • 製造方法の改善
  • デザインの向上

音の向上//ケンブリッジ大学工学部&スイス東部応用科学大学工学革新学部